カツラを被るほど自分の毛が減る

カツラを被るほど自分の毛が減るとよく言います。 実際にこれは事実で、カツラを被るほど抜毛が増える可能性があります。

薄毛に悩んでいて、どうにか隠したいと思った際、まず思い浮かぶのがカツラです。 生えるか分からないようなサロンに高いお金を出して通うことを考えると、手っ取り早く一気に髪を増やすことができるのがカツラです。 また、好きな髪型に出来るので、薄毛の人にとっては好都合です。

日本のカツラは質が良く、オーダーメイドで作ることができるので、バレる確率も少ないです。 しかしカツラは、薄毛対策の1つとしてオススメできるのですが、一方で、抜け毛の原因になることがあります。

カツラを被るとさらにハゲる可能性があります。 カツラを被る場合、ズレたり取れないように残っている自毛にピンで留めたり編みこんだりするので、引っ張られている状態になります。 そうすると、外傷性脱毛症になり、薄毛を進行させることになります。

また、カツラをすると蒸れてかゆくなります。 カツラをずっと被っていると、頭がかゆくなったり、炎症を起こしたりします。 頭皮に悪影響を与えるので、自然と、抜け毛が増えていってしまうのです。

関連エントリー

カテゴリ

サイトマップ